出版物

「生存科学叢書」新刊

 2018年4月、日本評論社より「生存科学叢書」一般専門書2冊が刊行され、9月に、松下正明、齋藤正彦編著『認知症医療・ケアのフロンティア』の研究専門書が刊行されました。
 年々増加している認知症の人を地域で支える医療・介護サービス、社会活動の場づくり、安全を守る法の整備など、現実にニーズの高い認知症の人への社会心理的対応を具体的に論じた最新の論文集です。

認知症医療・ケアのフロンティア
定価:4,800円

 

「生存科学叢書」刊行しました

 当研究所の懸案である「生存科学叢書」が4月に刊行の運びとなりました。第1回は石井威望先生 著「シニア・マルチメイジャーの進め」と、イヴ・ジネスト、ロゼット・マレスコッティ、本田美和子先生 編「ユマニチュードを語る」の2冊で、ともに現代を先駆する話題性豊かな力作です。
 当研究所会員の方で購読ご希望の方は研究所宛お申し込みください。定価で送料は研究所負担でお届けいたします。
 なお、「生存科学叢書」はこの2冊に続き、年々2~3冊のペースで発刊の予定です。

・ユマニチュードを語る 市民公開講座でたどる〈それぞれのユマニチュード〉の歩み (生存科学叢書)

・シニア・マルチメイジャーのすすめ 21世紀高齢化への知恵 (生存科学叢書)